123456TOTAL
白山クラブ※個人HP(2014.3M迄我孫子ライナーズ)000000
新富少年野球部20100-3

田中浩康カップ初戦は新富少年野球部との対戦。去年、三位決定戦でライナーズが1-11で敗れた相手でした。シートノックから守備の上手さを見せられ、厳しい試合になりそうでしたが、1回の表から牽制アウトと盗塁アウトを取られ、塁に出てもすぐにアウトになる残念なスタートでした。今日はフォアボール3回、ヒット5回(3番S君、4番U君、5番D君、7番Y君、8番A君)で計8回塁に出ながら、ランナーがアウトになったのが6回!そのうち1つは、ヒットで1塁を駆け抜けた後、ベースに戻る前にピッチャーに球を返していない内野手によって挟まれたもので、このようなアウトのとられ方は、個人的に少年野球では初めて見ました。さて、1回の裏、ピッチャーU君、1番バッターの痛烈なレフト線のヒットがランニングホームランとなり、いきなり1点を取られましたが、5回までに許したヒットは4本と、要所要所で緩急取り交ぜたピッチングでアウトを取り、決して相手に負けていない投球でした。母達が感心する粘りを見せていましたが、結局6回表の攻撃で時間切れとなり、残念な敗戦となってしまいました。相手チームはHPに各選手の成績を細かく載せていて、何人かは驚異的な打率となっていましたが、その割にはよく押さえていたと思いました。相手チームは、本当に守りにも、打球傾向にも、特徴があるチームでした。思い返してみれば、昨年対戦した時も、1塁線、3塁線に上手に打ってギリギリセーフというプレーを数回決められ、特に打たれた感もないのに結果11点をとられたという不思議な試合だった気がします。さて6年生は、5年生以下と一緒にでる試合はこれで終了です。白山クラブは下の学年がとても頑張って活躍してくれたチームですが、これからは6年生のみの合同チームでの試合が始まります。新たに仲間となる選手達と力を合わせて、ぜひ勝ちましょう。また元ライナーズ弟分のK君もサードの守備で新人戦に出て、チャンスでのヒットも放ち、活躍しています。来年こそは入賞目指して頑張って下さいね。

これまで、我孫子ライナーズの解散後にHPを見て応援してくださるOBの方々への発信の意味もこめて試合内容を記載してきましたが、コメントは12/20からの卒業記念大会で終了です。厳寒の柏流大会は、これまでより少し気楽に観戦し、試合結果のみを記載する予定です(*^_^*)